仏海運大手CMA CGMのサーデCEO、スエズ運河座礁事故は「インシデント」

仏海運大手CMA CGM(本社マルセイユ)のサーデCEOは4月2日付のレゼコー紙とのインタビューで、スエズ運河で起きた大型コンテナ船エバー・ギブン号の座礁事故について、世界海運部門は数ヶ月前から活況を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。