ボルタリア、ミャンマーでの事業停止を発表:トタルにも仏政界などからの圧力高まる

仏再生可能エネルギー事業者ボルタリアは3月31日、政治的・人道的危機を理由に、ミャンマー事業を停止すると発表した。ミャンマーでは2月以降、軍によるクーデターに対する市民による抗議活動が続き、これに軍が...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。