CNR、新たな水力発電施設に着工

仏ローヌ川渓谷の水力発電を担当するコンパニー・ナシオナル・デュ・ローヌ(CNR)は、イゼール県ルブールドワザンにおいて新たな水力発電所「ラサレンヌ」の建設を開始した。同発電所の設置容量は11MWで、年...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。