ルワンダ大虐殺に関する報告書:フランス政府の責任について指摘

1994年に発生したルワンダ大虐殺へのフランスの関与に関する報告書が26日、マクロン大統領に提出された。大虐殺に至った責任の一端がフランスにあるとの見解を示したが、共犯とは言えないと結論した。
報告...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。