アルジェリア:スエズ、アルジェ都市圏等の上下水道運営契約を維持か

アルジェ都市圏とティパサ市の上下水道事業は、ADE(上水道公社)が70%、ONA(下水道公社)が30%を出資するSEAALからの受託契約を得て、2005年以来、仏大手スエズが運営している。この契約は、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。