アリエージュ県などで樹齢100年を超える木の盗伐被害が相次ぐ

スペインとの国境に近い仏アリエージュ県やオード県において、オークやマツ科の欧州トウヒの盗伐被害が相次いでいる。こうした樹木の中には樹齢50年から100年に達するものもある。森林窃盗のプロ集団が、新型コ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。