仏ルアーブル石炭火力発電所、実質的に運転を停止

3月末での閉鎖が決まっている仏ルアーブル石炭火力発電所(セーヌマリティム県)が3月10日に運転を停止した。今冬用に供給された石炭が、厳冬および原子力発電量の低下により予定よりも早く消費されたことが理由...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。