ドイツ・ケルン大司教区における性的暴行問題で報告書、聖職者が辞任を表明

ドイツ・ケルンのカトリック教会大司教区は3月18日、教会関係者による過去の性的暴行事件に関する報告書を公表した。報告書は、ケルンの弁護士事務所ゲルケ&ボルシュレーガーが依頼を受けて策定した。教会法に対...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。