総選挙への比例代表選の導入が見送りに、連立3党が合意

マクロン政権を支える下院の3議員団(LREM、MODEM、アジール)は3月17日に会合を開き、2022年の次回総選挙において比例代表制を導入する構想について、これを断念することを決めた。国会の日程が立...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。