ベルギー政府、シリア難民キャンプ収容の子どもを帰国させる方針を表明

ベルギーのデクロー首相は3月4日、議会において、シリア北東部のアルホル難民キャンプに滞在している12才未満のベルギー人を帰国させる方針を表明した。同キャンプにはイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。