2022年大統領選:反極右候補としてのマクロン大統領の支持揺らぐ

2022年の大統領選挙を前にして、マクロン大統領の再選に黄信号が灯っている。再び極右RNのマリーヌ・ルペン党首との一騎打ちとなった場合に、極右排除のための大同団結が成立する可能性が薄くなっているという...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。