ドイツ政府、原子炉運転終了の補償巡り事業者側と合意

ドイツ政府は3月5日、2022年までに国内のすべての原子炉の運転を終了する件で、原子力発電所を運営する事業者との間で補償金に関する合意が成立したと発表した。総額で24億2800万ユーロを支払うことに応...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。