イスラム過激派による教員斬首事件:生徒の嘘が発端に

中学校教諭のサミュエル・パティ氏がイスラム過激派により斬首された事件(2020年10月)について、日刊紙ルパリジャンは3月8日付で、事件の発端となった13才の女子中学生の供述内容について報じた。パティ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。