トタル、2030年まで炭化水素増産を望む

仏石油大手トタルのプヤネCEOは2月23日、リモート開催のカンファレンスに出席した機会に、2030年まで炭化水素需要が減少することはない見込みであり、トタルは需要の伸びに対応する意向だと述べた。生産量...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。