EDF、使用済み核燃料貯蔵プールの新設を計画

EDF(仏電力)は2月18日、ラ・アーグの原子力施設に12億5000万ユーロを投資して、使用済み核燃料を保管するプールを新設すると発表した。6500トンを貯蔵できるプールを新たに設置する。2034年に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。