大物銀行家のミュスティエ氏、買収目的会社(SPAC)を設立へ

大物銀行家のジャンピエール・ミュスティエ氏が、買収目的会社(SPAC)の「ペガサス・ヨーロッパ」を設立することが決まった。欧州の金融サービス大手を育てることを目指す。
ミュスティエ氏はフランス人で、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。