チュニジア:コロナ禍でバイオテクノポール「シディ・タベ」への関心が高まる

新型コロナ感染症の世界的大流行により、研究所、ドナー、国内外の投資家などの間で、2008年創設のバイオテクノポール「シディ・タベ」への関心が高まっている。シディ・タベの運営会社の資本の35%を保有する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。