EDFのレビCEO:ポーランドのEPR 2採用はフランスでの採用が前提に

EDF(仏電力)のレビCEOは2月10日、仏下院で開かれた聴聞の機会に、「多くの国々が、自国での原子炉建設計画に絡んで我々を注視している」と述べて、EPR(第3世代加圧水型炉)の改良型であるEPR 2...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。