EDF、仏で浮体式太陽光発電施設に着工

仏電力大手EDFは2月3日、仏オートアルプ県において浮体式太陽光発電施設の建設を開始したと発表した。EDFとしてははじめての浮体式太陽光発電施設となる。設置されるのはラゼール水力発電所のダム湖で、湖の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。