オレンジ、光回線子会社の株式50%を13億ユーロで売却

仏通信大手オレンジは、過疎地域での光ファイバー加入者回線を管理する子会社「オレンジ・コンセッシオン」の株式50%を、預金供託金庫(仏政府系金融機関)、仏保険CNPアシュランスとEDFインベストが率いる...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。