トルクメニスタンとアゼルバイジャン、カスピ海炭化水素鉱床に関して和解

トルクメニスタンとアゼルバイジャンは1月21日、カスピ海の炭化水素鉱床「Dustluk」の共同探査・開発・生産を行う内容の覚書に署名した。両国の海上国境が接するゾーンに位置する同鉱床をめぐる係争を終わ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。