ソルベイ、仏拠点で廃棄物固形燃料焚きボイラーを設置へ

ベルギー化学大手ソルベイは、仏ムルトエモゼル県ドンバルシュルムルトの拠点において、廃棄物固形燃料焚きのボイラー設置を計画している。今年中にも設置を完了する。ソルベイはパリ協定の遵守を約束し、エネルギー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。