アルジェリア:小麦の調達先多様化の試みにほころび

アルジェリアでは昨年11月に、リトアニアから輸入した小麦3万トンが、害虫被害を受けて食用として不適格な製品だったことが判明する事件が起きた。穀類輸入の国営OAICのトップが解任される事態に発展した。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。