EDF、UNGG炉解体の技術実証を準備

EDF(仏電力)はシノン原子力発電所(アンドルエロワール県)において、UNGG炉(黒鉛減速ガス冷却炉)の解体技術の実証を目的とする施設の建設を進めている。高さ25メートルの建屋の屋根部分がこのほど完成...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。