スエズとFermentalg、合弁会社を設置へ

仏環境サービス大手スエズは、仏Fermentalgとの間に、微細藻類を利用したCO2吸収源生産に関する折半合弁会社の設置を発表した。2021年前半にも設置を完了する。農業廃棄物のメタン化の際に発生する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。