政府、衛生法案の審議を延期:「ワクチン義務化」批判に配慮

政府が12月21日に下院に提出した「衛生非常事態の管理に関する恒常的制度」法案に、「ワクチン義務化」を思わせる規定が含まれていることが判明し、各方面から批判の声が上がった。ベラン保健相は23日夜、民放...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。