EDF、EPRの仏国内新設候補地としてパンリー原子力発電所を選定

仏電力大手EDFは、仏国内におけるEPR(第3世代加圧水型炉)の新設候補地としてパンリー原子力発電所(セーヌマリティム県)を選定した。12月18日付の仏ルモンド紙などが報道した。EPRに関しては、その...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。