仏政府、SMRプロジェクトに5000万ユーロを投資

マクロン仏大統領は12月8日、仏原子炉製造フラマトム(EDF傘下)のルクルゾ工場(ソーヌエロワール県)を訪れた際に、将来的にも原子力発電を維持する方針を再確認した。この際大統領は、小型モジュール炉(S...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。