パリ首都圏の公立病院、1300人の採用を計画

AP-HP(パリ首都圏の公立病院連合組織)は、向こう3年間で1300人の医療従事者を採用する計画を発表した。特に、人手不足が目立つ職種(看護師、理学療法士、助産師、放射線技師)で885人を採用する。な...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。