マクロン大統領、原子力発電の維持を支持

マクロン大統領は12月8日、ルクルゾ市にあるフラマトムの原子力産業拠点を訪問し、原子力がCO2排出量の少ないエネルギーであることを強調して、将来的にも原子力発電を維持する方針を再確認した。ただし次期空...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。