チェコの特別委員会、政府に2038年の石炭火力発電脱却を呼びかけ

チェコの「石炭の将来に関する委員会」は、政府に対し、石炭火力発電脱却の時期を2038年とするよう勧告した。隣国ドイツに合わせた脱却を呼びかけた。
同委員会は、政界、産業界や、環境団体の代表者から構成...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。