政府、新型コロナワクチンの接種について発表

カステックス首相は3日に記者会見を開き、新型コロナウイルスワクチンの接種キャンペーンについて説明した。
ワクチン接種キャンペーンは1月に開始される見通し。最初は、高齢者施設において、入居者とスタッフを対象に実施する。ファイザー・ビオンテック社製のワクチンが用いられる。100万本が発注されており、対象者に十分な数が確保されている。続いて、2月から3月にかけて、1400万人を対象に、アストラゼネカとモデルナの各社が開発製造のワクチンを用いた接種キャンペーンが実施される。75才超の高齢者から始めて、65才超とリスクの高い医療関係者に拡大される。次がそれ以外の層を対象とした一般向けキャンペーンとなり、来春以降に入荷に応じて実施される。
カステックス首相は、2億本のワクチンを手配済みだと説明。国民のすべてに接種を行うのに十分な量が確保されると強調した。ワクチン接種は義務化せず、無料で提供する。国民の間にワクチンに対する懸念が根強くあることについては、健康障害を報告・把握する体制を一段と強化し、情報を全面的に開示することを約束。また、免疫学者のアラン・フィッシャー氏を座長とする委員会を設置し、科学者や医療関係者、自治体や市民社会の代表などを交えた協力体制を実現することを目指すと説明した。
首相はまた、現状で、新型コロナウイルス感染症による集中治療室の患者数(3500人弱)が、5月11日の前回ロックダウンの解除時よりも多いことを挙げつつ、感染予防の努力を徹底することの重要性を強調。クリスマス期間の私的会合については、大人6人(子供は数えず)を上限とするよう呼びかけた。