在来長距離鉄道路線の自由化入札が不調に

政府が在来長距離路線を対象に行った事業者選定の入札が不調に終わる公算が強まっている。鉄道旅客輸送の自由化のモデルケースとなるはずだったが、失敗に終わる模様だという。
政府は2018年に制定した鉄道市...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。