旧アレバを巡る「ウラニウム・ゲート」に対して予審開始

仏全国管区金融犯罪検事局(PNF)は、仏原子力大手アレバ(現オラノ)と国営ニジェール鉱山資産会社(Sopamin)が絡んだ2011年のニジェール産ウラン不正売買疑惑「ウラニウム・ゲート事件」に関して、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。