研究法案、最終的に可決へ:批判の声も

研究法案が11月20日、上院で最終的に可決される予定。両院協議会による妥協案を採択する。
研究法案を巡っては、研究部門の予算増額が見かけ上のものであるとする批判や、研究者の雇用の不安定化をもたらすと...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。