フランスの新型コロナウイルス感染者数、200万を超える

保健省保健総局のサロモン局長は11月17日、新型コロナウイルスの感染者数が前日比で4万5552人増加し、累積では200万人を超えて、203万6755人に達したと発表した。また16日には新型コロナウイルスの入院患者数が過去最高の3万3500人に上ったことも明らかにした。17日には新型コロナウイルスによる集中治療室入院患者数は4854人となり、他の他の疾患も含めた集中治療室入院患者総数(8000人超)の過半数を占めた。ちなみに新型コロナウイルスの感染第1波がピークに達した4月半ばに、入院患者数の最高値は3万2292人で、集中治療室入院患者数は6500人超だった。
サロモン局長は再ロックダウンが効果を発揮し、感染が減速しつつあると判断しつつも、病院への圧力は非常に強いままだと報告した。17日には新型コロナウイルスによる病院での死者数が前日比で437人増加し、累積(高齢者施設などでの死亡も含む)では4万6273人に達した。
なお、局長によると、PCR検査の実施数は3月以来で2600万件近くとなった。また新たに導入された抗原検査により、11月初め以来で、3万2935人が陽性と判明した。