公務員志向が後退、政府は対策を準備

公務員志向が顕著に減退している。2018年の公務員志願数は22万8000人となり、20年前の65万人(1997年)から大きく後退した。公務員の募集数は年間4万人程度で安定しているが、志望者数は減少を続...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。