独原子力発電脱却:憲法裁判所、政府に補償メカニズムの改善を命令

ドイツが2022年までの原子力発電脱却を決定したのに対し、独国内で原子力発電所を運転していたスウェーデンの国営エネルギー企業バッテンフォールが補償の水準を不満として提訴していた件で、独憲法裁判所は11...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。