OVHクラウド、グーグルと提携

仏データセンター大手のOVHクラウドは10日、米グーグルと提携合意を結んだ。グーグルと共同でクラウドサービスを開発し、OVHクラウドが保有する欧州サーバーからサービスを提供する。
OVHクラウドはこれまで、米インターネット大手による欧州事業の展開を批判し、欧州のエコシステムに事業機会を与えるよう訴えてきた。一転して今回の提携を結んだことになるが、グーグルは、これまでの同様の提携とは異なり、自社サーバーにデータを残さず、OVHクラウドのサーバーを使用することを受け入れた。具体的には、双方のエンジニアのチームが共同で、オープンソースベースのグーグルのアプリ管理プラットフォーム「Anthos」に依拠したクラウドサービスを開発し、OVHクラウドの欧州サーバーから提供する計画。
欧州と米国の間で結ばれたデータ保護に関するプライバシー・シールド協定を欧州司法裁判所が棄却して以来、米インターネット大手が欧州の顧客企業にデータ保護の水準を納得させるのは一段と難しくなっている。グーグルがOVHクラウドとの提携に応じたのも、この問題で懸念を払しょくする狙いがあると考えられる。