EDF、「大改修計画」のコストを上方修正

仏電力大手EDFは10月29日、仏国内原子炉の運転年数延長を目指した「大改修計画」のコストを上方修正すると発表した。最新の予測に12億ユーロを追加し、494億ユーロと設定する。当初の予測に含まれなかっ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。