トタル、南アフリカ沖で大型コンデンセート鉱床を発見

仏石油大手トタルは10月28日、南アフリカ南岸沖175キロ地点で大型のコンデンセート鉱床を発見したと発表した。鉱床が発見されたのはウテニカ海盆の11B/12Bブロックで、同ブロックでは昨年2月に引き続...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。