ランサムウェア裁判、ロシア人被告人は関与を否定

パリ地裁で19日、ロシア人のアレクサンデル・ビニック被告人の裁判が始まった。「Locky」と呼ばれるランサムウェアを使って金銭を奪い取った事件で起訴された。
「Locky」は全世界で5700社の被害...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。