仏ラアーグの新使用済み核燃料プール、運転開始は2034年に

仏電力大手EDFは、仏原子力大手オラノのラアーグ拠点に建設を計画している新たな使用済み燃料プールについて、その運転開始時期が2034年となるとの観測を示した。放射性廃棄物に関する10月9日の全国委員会...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。