WTO、EUによる対米報復関税導入を許可:ボーイング補助問題で

世界貿易機関(WTO)は10月13日、米ボーイングへの国家補助問題を訴えていた欧州連合(EU)の主張を認めて、EUが米国に対する報復関税を導入することを許可した。年間40億ドルの報復関税を課すことが可...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。