デュポンモレティ法相の利益相反問題、当局機関HATVPも説明求める

閣僚等の公職者の利益相反等に関する監督を行う独立機関HATVPは6日、デュポンモレティ法相に対して、自らの利益相反の回避を目的として導入した措置について、詳しい説明を求めた。15日間以内の回答を命じた...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。