「分離主義」めぐり議論が紛糾

政府が12月9日に提出する予定のコミュノタリスム(共同体主義)対策法案の名称をめぐって議論が紛糾している。マクロン大統領は10月2日の演説で「イスラム分離主義」の脅威を念頭においた「分離主義対策法案」...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。