マクロン大統領、「イスラム分離主義」を脅威と捉える

マクロン大統領は2日、ミュロー市(イブリーヌ県)で演説を行い、「分離主義対策法案」について説明した。「イスラム分離主義」を明確に脅威として据えて、対策を約束した。
法案は12月9日に提出される。マク...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。