中国のアリエクスプレス、パリでポップアップストアを開設

中国の電子商取引大手アリババは9月24日に、パリのレアル地区でネットショップ「アリエクスプレス」のポップアップストアを開設する。3日間限定のショップで、フランスでの知名度向上を目的に、アリエクスプレスで販売される300種類の商品(アパレル、インテリア用品、ハイテク製品など)の展示を行う。インフルエンサー向けのスペースも併設することで販促も狙う。アリエクスプレスは、フランスでの電子商取引サイトの閲覧ランキングで、ダルティと楽天に次ぐ14位につける。商品はその大半が中国製で低価格なものが多い。中国から商品を取り寄せる都合で配達に数週間かかる場合があるため、ベルギーのリエージュに倉庫を建設中。新倉庫を利用して欧州での在庫を増やし、配達時間の短縮化を目指す。また、アリババの仏事業責任者は、欧州製品の取り扱いを増やす意向も表明した。