与党LREM、副代表の辞任で弱体化

与党LREMのナンバー2であるピエール・ペルソン副代表が辞任を発表するとともに、その理由について9月22日付けのルモンド紙とのインタビューで、同党が自閉し、従来型の政党に似てきて、異なる立場の間での活...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。