不正会計の疑惑が浮上した独グレンケ、ドイツ連邦金融監督庁が調査開始

リースやバンキングなどを手掛ける独企業グレンケに不正会計の疑惑が浮上している。ドイツでは先日、フィンテックのワイヤーカードが不正会計により経営破綻に追い込まれたばかりで、これに続くスキャンダル発生の恐...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。